ロスコスモス、火星探査計画「エクソマーズ」再開について欧州宇宙機関と会談

© Sputnik / Alexander Kovalevロスコスモス、火星探査計画「エクソマーズ」再開について欧州宇宙機関と会談
ロスコスモス、火星探査計画「エクソマーズ」再開について欧州宇宙機関と会談 - Sputnik 日本, 1920, 12.06.2022
ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」は、欧州宇宙機関(ESA)とロシア・欧州共同の火星探査計画「エクソマーズ(ExoMars)」の再開について交渉を行った。「ロスコスモス」のドミトリー・ロゴジン長官がロシアのメディアに語った。
報道によると、計画の開始は2024年までに可能となる。
ロゴジン氏は「ESAの同僚は、ESAに参加している諸国の代表に依頼することを約束した。彼らが同意すると言うならば、エクソマーズは再開されることができる」とコメントした。
2020年にエクソマーズの火星着陸は延期されたと報じられていた。
エクソマーズステーションの火星への打上げはバイコヌール宇宙基地から打上げロケット「プラトンM」を用いて行われる予定。ステーションは欧州飛行モジュールとロシア降下モジュールからなり、ロシアの着陸機「カザチョーク」や欧州の火星探査車「ロザリンド・フランクリン」が構成に含まれる。
火星 - Sputnik 日本, 1920, 10.05.2022
火星で砂なだれはなぜできる? 研究者がその理由を説明
これより前、ロスコスモスは、道徳的・倫理的理由により欧米諸国との活動を停止し、今後も、ウクライナに武器を供給し政治的支援を行う国々とは協力しない方針を明らかにしていた。
関連ニュース
ロシアの月面探査機ルナ26号・27号 打ち上げ延期の可能性
ロスコスモスCEO「露はUFOを研究」 地球外生命体にも言及
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала