イタリアの研究者が指摘 サル痘ウイルスは精液に含まれる

© Depositphotos / Alexraths 研究者(アーカイブ写真)
研究者(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 12.06.2022
イタリアの研究者が世界で初めて、サル痘ウイルスが精液中に存在することを証明した。ラザロ・スパランツァーニ国立感染症研究所のフランチェスコ・ヴァイア所長が発表した。
同研究所の公式発表によると、サル痘ウイルスは、「この病気に感染した人の精液中に生殖可能な形で存在する可能性がある」という。

研究者らは、「サル痘ウイルスは、発熱6日後の患者から採取した精液から研究室で分離され、そこでの細胞培養で増殖・感染する能力があることが判明した」と表明した。
メキシコ - Sputnik 日本, 1920, 09.06.2022
サル痘感染の米男性 メキシコの病院から脱走して帰国
サル痘ウイルスは、同研究所の附属病院に入院する7人の患者のうち6人の精液から検出されている。現在、「ウイルスの人から人への感染のメカニズムを完全に理解するため、精液やその他の生物学的物質におけるウイルスの持続性」について、さらに研究が進められている。
関連ニュース
WHO ヒトはサル痘は再感染する
サル痘ウイルス 特別な条件が整わないと感染しない 露ウイルス学者
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала