南極の新雪からマイクロプラスチックが初めて見つかる

© Sputnik / Alexander Galperin / フォトバンクに移行南極の新雪からマイクロプラスチックが初めて見つかる
南極の新雪からマイクロプラスチックが初めて見つかる - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2022
カンタベリー大学の研究チームは、南極の新雪からマイクロプラスチックを初めて発見した。観測結果が学術誌The Cryosphereに掲載された。
研究チームは2019年末、南極のロス棚氷の氷の覆いを調査中に、雪のサンプルを収集した。調べた結果、19のサンプルでマイクロプラスチックの痕跡が見られた。その濃度は、溶けた雪1リットルあたり平均29個のプラスチック粒子で、同地域の海水中の濃度よりも高いことがわかった。
マイクロプラスチック - Sputnik 日本, 1920, 10.05.2022
IT・科学
危険な病原体がマイクロプラスチックを介して、海に流入し、食卓へ
また、観測基地の周辺で採取されたサンプルに含まれるマイクロプラスチックの割合は、南極大陸の遠隔地の3倍だった。
研究チームは、雪の汚染は地域の生態系にとって危険なだけでなく、融雪を加速させる可能性もあると警告した。
関連ニュース
人の血中ではじめてマイクロプラスチックが発見
危険な病原体がマイクロプラスチックを介して、海に流入し、食卓へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала