糖尿病患者の免疫における遺伝の役割が明らかに

© Depositphotos / Imagepointfr糖尿病患者の免疫における遺伝の役割が明らかに
糖尿病患者の免疫における遺伝の役割が明らかに - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2022
ドイツとオランダの医師たちは、1型糖尿病患者の免疫における遺伝の役割を明かにした。特定の遺伝的変異を持つ人は、1型糖尿病にかかりやすいことがわかった。この研究論文が、eLife誌に掲載された。
医師たちは研究のため、20〜84歳の1型糖尿病患者243人から血液サンプルを採取し、遺伝的関連解析を行った。
結果、1型糖尿病の疾患感受性遺伝子の組み合わせのいくつかは、免疫による防御で重要な役割を果たすT細胞に影響を与えることがわかった。
少女は手で胸をおさえる - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
IT・科学
2型糖尿病が乳がんのリスクを高める=研究結果
医師らはまた、CCR5タンパク質がゲノムの特定の領域を介して糖尿病の発症に影響を与える可能性があることにも気づいた。
1型糖尿病の際に免疫細胞に影響を与える計15の遺伝的パターンが明らかになった。
関連ニュース
血糖値を急上昇させる食品とは
新型コロナは2型糖尿病の発症リスクを高める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала