仏下院選第1回投票 マクロン氏の与党連合、左派連合を僅差で上回る

© Sputnik / Russian Presidential Press Office / フォトバンクに移行仏マクロン大統領
仏マクロン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2022
フランスでは12日、下院選挙の第1回投票が行われた。同国内務省のデータによると、エマニュエル・マクロン大統領の与党連合「アンサンブル」が25.71%、ジャン=リュック・メランション氏率いる左派連合「環境・社会 新人民連合(NUPES)」が25.61%を獲得した。
マリーヌ・ルペン氏率いる極右「国民連合」は、18.75%で3位につけた。
フランスでは12日、国民議会(下院)総選挙の第1回投票が行われた。各地域の投票所は作業を終了した。同国内務省の発表によると、現地時間17時(日本時間13日6時)時点の投票率は39.42%。
決選投票は19日に行われる。
関連ニュース
フランス、自走榴弾砲「カエサル」6両をウクライナへ追加供与へ
仏大統領、ウクライナ情勢で露大統領と100時間近く交渉「ロシアを貶めてはならない」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала