日本企業の約半数、円安は「マイナス」=東京商工リサーチ

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行東京のオフィス街
東京のオフィス街 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
記録的な円安ドル高が続く中、日本企業の約半数が1ドル=130円前後の為替水準が経営に悪影響を及ぼしていると考えていることが明らかになった。14日、東京商工リサーチが調査結果を発表した。
調査は6月1~9日、インターネットで行われ国内企業5667社から回答を得た。
調査結果によると、1ドル=130円前後の為替水準が経営にマイナスだと答えた企業は全体で46.7パーセントに達し、1ドル=122~124円で推移した前回調査時(4月)と比べ、約7ポイント上昇した。
円 - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
なぜ円安は止まらない? 日本経済の抱えるジレンマ=NHK
規模別では、輸出や海外進出が盛んで円安の恩恵を受けやすい大企業は、マイナスと答えた割合が37.7パーセントだったのに対し、中小企業では48.2パーセントと10ポイント以上の差があった。
業種別では、アパレル販売の「繊維・衣服等卸売業」の80.3パーセント、「織物・衣服・身の回り品小売業」の80.0パーセントがマイナスと答えるなど、仕入れ価格の上昇の影響を受けやすい輸入依存型企業の経営に大きく響いていることが浮き彫りになった。
関連ニュース
日本 長期金利、一時0.255%まで上昇
「急速な円安を憂慮」、日本政府・日銀が異例の声明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала