トルコの反対でフィンランドとスウェーデンのNATO加盟交渉は中断し得る=フィンランド首相

© AFP 2022 / Benoit Doppagneトルコの反対でフィンランドとスウェーデンのNATO加盟交渉は中断し得る=フィンランド首相
トルコの反対でフィンランドとスウェーデンのNATO加盟交渉は中断し得る=フィンランド首相 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
マドリードで月末に開催されるNATO(北大西洋条約機構)サミットまでにトルコとの合意が実現しない場合、フィンランドとスウェーデンの加盟交渉は中断する可能性がある。フィンランドのサンナ・マリン首相が記者会見で表明した。
マリン首相は記者会見で次のように発言した。

「思うに現時点では前進することが極めて重要です。仮にこれらの問題をマドリードまでに解決しない場合、プロセスが中断するリスクがあります。どの程度かわかりませんが、かなりの時間にわたって中断するでしょう」

首相によると、フィンランドはトルコの懸念に「真剣に」接しており、誤解があるのならばそれを修正する用意があるという。
フィンランド側は交渉に向けて真剣な態度を示しているとした上で、トルコ側もこの問題を解決する上で責任を負っていると牽制した。
トルコのエルドアン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
エルドアン大統領、今月末のNATO首脳会議で「トルコは妥協しない」と表明の見通し
先に、トルコのエルドアン大統領は、スウェーデンおよびフィンランドの代表団とのNATO加盟に関する会談の結果に不満を抱いていると報じられていた。
トルコのチュルキイェ紙はスウェーデンとフィンランドのNATOへの加盟について、両国が5つの基本的な条件を満たす場合、トルコ当局は両国のNATO加盟に関する立場を再検討する可能性があると報じていた。
これよりも前、トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請手続きの開始を妨害したことが報じられた。エルドアン大統領は、トルコ政府はフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に「イエス」と言うことはできないと述べた。トルコの非合法組織であるクルド労働者党の代表とのつながりに関する両国の保証を信じることができないためだ。大統領によると、もしトルコが賛同すれば、「安全保障のための組織ではなく、テロリストの代表がたくさんいる場所になる」という。
関連ニュース
スウェーデン抜きでNATOに加盟する計画はない=フィンランド大統領
フィンランド、NATO加盟のためのトルコの条件を拒否=フィンランド紙
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала