WHO サル痘の感染状況の検証のため緊急委員会を招集へ

© AFP 2022 / Andre Pain マールブルクで講演するWHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイスス氏
マールブルクで講演するWHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイスス氏 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
世界保健機関(WHO)はサル痘の感染状況が公衆衛生における緊急事態かどうかを検証するため、6月23日、緊急委員会を招集する。15日、テドロス事務局長が明らかにした。
テドロス事務局長は15日のブリーフィングで、サル痘ウイルスの感染状況はこれまでのケースと異なり、憂慮の念をもたらしていると発言している。
WHOの調べでは、サル痘ウイルスの検出された件数は現時点で世界39カ国で1600件を超え、さらに感染の疑いのある件数は1500件近くに上っている。39か国のうち7か国は以前にすでにサル痘が検出されていた国である一方、32か国は今回初めてウイルスが検出された。
テドロス事務局長によれば、2022年当初から現在までに世界でサル痘による死亡例は72件が確認されており、その全部がこれまでサル痘ウイルスが検出されたことのない国に限定されている。
シリンジを手にて - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
EU、サル痘ワクチン11万回分購入へ
WHOはサル痘のワクチンの大規模接種は推奨していないものの、妊婦、児童、HIVに陽性反応を示す免疫不全者など、リスクグループに属す人達に対しては、接触後の予防措置としてワクチンが進められるうるとしている。
サル痘が公衆衛生上の国際緊急事態として宣言された場合、これには新型コロナウイルスによるパンデミックと同等の地位が付与される。
なお、日本では現時点ではサル痘ウイルスは全く検出されていない。
関連記事
日本 天然痘ワクチン「国内で生産・備蓄」 サル痘に有効=後藤厚労相
WHOがサル痘のパンデミック化の有無を評価
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала