ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドイツ、多連装ロケット砲システム3両とミサイル数百発をウクライナに供与

© AFP 2022 / Alexey Kravtsovドイツ、多連装ロケット砲システム3両とミサイル数百発をウクライナに供与
ドイツ、多連装ロケット砲システム3両とミサイル数百発をウクライナに供与 - Sputnik 日本, 1920, 16.06.2022
ドイツは米国、及び英国と協力し、多連装ロケット砲システム(Mars2)を3両、さらにこのシステムに使用するミサイル数百発をウクライナに供与する。また、ドイツはその運用方法をウクライナ兵に対して訓練する。ドイツのクリスティーナ・ランブレヒト国防相が記者団に明かした。
ランブレヒト国防相によると、ドイツ政府は自国の在庫からウクライナに支援を行うことを決定した。ウクライナに多連装ロケット砲システムを3両、さらにはミサイル数百発を供与する。また、ドイツはウクライナ兵の訓練に加え、必要な装備、備品も提供する。ドイツはこれを英国および米国と協力して実行する。
国防相は会見の中で、「ウクライナが今すぐこの支援を受け取ることが重要」と強調した。
高機動ロケット砲をウクライナに供与すれば事態はさらにエスカレートする=駐米ロシア大使 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
高機動ロケット砲をウクライナに供与すれば事態はさらにエスカレートする=駐米ロシア大使
先にロシアは、ウクライナへの兵器供給をめぐり、米国を含むすべての国に外交文書を送付した。ロシアのぺスコフ大統領報道官は、西側によるウクライナへの兵器供与は悪影響を及ぼすと指摘した。
関連ニュース
米国、ウクライナのために10億ドル相当分の兵器購入へ=ロイター
ウクライナへの兵器供与をゆるめてはならない=米国防長官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала