ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアはウクライナに侵攻していない=露外相

© Пресс-служба МИД РФ / フォトバンクに移行ロシアはウクライナに侵攻していない
ロシアはウクライナに侵攻していない - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ロシアはウクライナに侵攻しておらず、現在展開中の特殊軍事作戦は西側が目指すウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟が犯罪的行為であることを示す上でやむを得ず実行している措置に過ぎない。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相がBCCテレビの取材に応じた中で表明した。
ラブロフ外相は取材の中で、NATOのオープンドア政策を批判したほか、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領が欧米や日本でも過激派組織やテロ組織に指定されている(されていた)「アゾフ大隊」の活動を擁護していることを指摘した。
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領
また、英国政府は次の選挙を考えてばかりいる政治家らの野心のせいで自国民の利益を犠牲にしていると発言、またドネツク人民共和国で捕虜になった英国民の傭兵に死刑宣告が下された点についてラブロフ外相は、裁判の正当性を信じるとしたほか、死刑囚の運命について問題があればロシアではなくドネツク人民共和国側に連絡を取るよう提案した。
関連ニュース
ホワイトハウス ウクライナに多連装ロケット砲の追加支援へ
米国、ウクライナのために10億ドル相当分の兵器購入へ=ロイター
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала