ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア軍とウクライナ軍の火力差は20対1=英国防相

© Sputnik / Igor Russakロシア軍とウクライナ軍の火力差は20対1=英国防相
ロシア軍とウクライナ軍の火力差は20対1=英国防相 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ロシア軍は一部の地域でウクライナ軍に対し、火力において20倍の差をつけていることから、西側はウクライナに対し、軍事供与をさらに進める必要がある。ベン・ウォーレス英国防相が表明した。
Sky Newsテレビが報じたところによると、ウォーレス国防相はロシア軍が一部の地域でウクライナに対し、火力で20倍の差をつけていると発言したという。国防相によると、西側はウクライナ側が事態を打開できるよう、長距離の榴弾砲やミサイルシステムの供与を開始するとのこと。
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領
これによりウクライナ軍は直近の数週間で東部の戦況を改善させるほか、西部オデーサ(オデッサ)などの都市防衛に向けて大きく前進するとウォーレス国防相は表明している。
英国はベルギーの軍事企業から20両の155mm自走榴弾砲(M109)を購入し、これらをウクライナに供与するという。また、数十発の対艦ミサイルも供与するとしている。
関連ニュース
ホワイトハウス ウクライナに多連装ロケット砲の追加支援へ
鈴木宗男氏ブログ ゼレンスキー大統領に人命守る「名誉ある撤退」の重要性説く
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала