マスク氏、ツイッターは「TikTok」のように面白いものであるべき 従業員集会で 

© AFP 2022 / Angela Weiss米実業家で大富豪のイーロン・マスク
米実業家で大富豪のイーロン・マスク - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
米実業家で大富豪のイーロン・マスク氏は16日、ツイッターの従業員集会にオンラインで参加し、ツイッターの利用者と収益を増やし、「エンターテインメント・コンテンツ」を追加したいという見解を表した。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。
集会に参加したツイッター従業員によると、マスク氏は、言論の自由に関する自身の考えについても語ったほか、地球外生命体が存在する可能性についても話したという。

「宇宙人が存在する証拠を見たことはない…今はまだ」

またマスク氏は、従業員の一時解雇を行う可能性があるかという質問に対し、ツイッターの発展に大きく貢献している人は何も心配することはないと答えた。一方、マスク氏は、ツイッターのコストは収益を上回っていると指摘し、「これはあまり良い状況ではない」と述べたという。
従業員の1人は「スーツケースにものを詰める(退職の準備をする)必要があるかどうか、まだ確信はない」とツイートした。
マスク氏は、5~10年後のツイッターに期待する成果についての質問に対しては、現在約2億2900万人の 1日あたりのアクティブユーザー数が10億人を超えることだと答えた。またマスク氏は、ツイッターは中国のSNS「TikTok」または「WeChat」のように面白いものであるべきだとの考えを示した。
マスク氏がツイッターを440億ドル(5兆5000億円)で買収する提案をした後、ツイッター従業員の多くは、マスク氏の不安定な行動が事業の不安定化を引き起こし、経済的損失をもたらす恐れがあるとの懸念を表明した。
関連ニュース
「ドージコインでマルチ商法」 マスク氏とスペースX、テスラが2500億ドル超の賠償金
マスク氏のツイッター買収にロシア新興財閥と関係の深い投資家が参加か=ブルームバーグ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала