日本、ロシア北極ガス開発で融資継続 露ガス大手社長が明かす

© Sputnik / Pavel Bednyakov / フォトバンクに移行ノバテクのレオニード・ミケルソンCEO
ノバテクのレオニード・ミケルソンCEO - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
露ガス大手「ノバテク」のレオニード・ミケルソンCEOは17日、露サンクトペテルブルクで開かれている国際経済フォーラムで、日本企業が参入する北極圏の天然ガス開発事業「アークティックLNG2」について、日本側が融資を続けていると明らかにした。
ミケルソン氏はフォーラムで「日本側が『アークティック2』の融資を送ったと連絡を受けたところだ」と述べ、対露制裁などで露日経済協力が停滞する一方で、日本側がこの事業の継続に向け動いていることをほのめかした。
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
ロシア、エネルギー分野で日本と協力の用意=露外務省
「アークティック2」は露北極圏の国際ガス開発事業で、2022~2023年の生産開始を予定。ロシアや中国の企業のほか、日本の独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と三井物産もオランダにある合弁会社を通じ、10%の権益を取得していた。
ロイター通信によると、日本の萩生田経済産業大臣は4月、「アークティック2」からの日本企業の撤退を否定していた。
関連ニュース
日本はプロジェクトから撤退するか、ロシアへの態度を変えるか=ボロジン国家院議長
日本「サハリン1、2プロジェクトはエネルギー安保上重要」=エネルギー白書
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала