原油不足に苦しむ米国、対ベネズエラの制裁緩和で供給増加を目指す

© AFP 2022 / Juan Barreto 原油不足に苦しむ米国、対ベネズエラの制裁緩和で供給増加を目指す
原油不足に苦しむ米国、対ベネズエラの制裁緩和で供給増加を目指す - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
米国は17日、ベネズエラ国営石油会社PDVSAのエリック・マルピカ元社長に対する個人制裁を解除した。米財務省が発表した。
マルピカ元社長はベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領の親類で、先に米国のメディアやアナリストはベネズエラに対する制裁緩和を予測していた。これにより、米国政府はベネズエラ政府を手なずけ、燃料危機に喘ぐ米国経済の痛みを和らげるため、原油の供給を拡大させることを期待している。
対露制裁が米国の燃料価格に影響=米財務長官 - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
対露制裁が米国の燃料価格に影響=米財務長官
ロシアがウクライナで特殊軍事作戦を開始して間もなく、ホワイトハウスは対ベネズエラの経済制裁を緩和し、ロシア産原油に代わってベネズエラ産石油を世界市場に供給させることを目指すと報じられていた。
関連ニュース
ルーブルのさらなる強化は西側の経済的損失につながる=ナショナル・インタレスト誌
欧米、巧妙手口でロシア産石油を抜け買い 露は大儲け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала