ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露国営放送、捕虜になった米国人傭兵の映像を公開

© Sputnik / Iliya Pitalev / フォトバンクに移行露国営放送、米国人傭兵の映像を公開
露国営放送、米国人傭兵の映像を公開 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
ロシア国営テレビRTはウクライナ東部のハリキウ(ハリコフ)近郊でロシア軍の捕虜になった米国人傭兵2名の映像を公開した。
捕虜になった米国人傭兵のアレクサンダー・ドリュケ氏(39)は映像の中で自らの母親に呼びかけ、「生きている、できるだけ早く家に帰れることを期待している」と発言した。もう一人の傭兵、アンディ・ヒュイン氏(27)も同様の発言を行った。
ヒュイン氏によると、二人はウクライナ軍の偵察部隊に属していたという。偵察部隊の名前は「バゲット」(フランスパンの意味)で、その理由は偵察部隊の大半がフランス市民であることによるとのこと。
ウクライナ軍の撤退に伴い、「バゲット」は部隊の後衛を命じられたという。後衛を担っている間にロシア軍が地域を制圧し、二人は撤退を余儀なくされたとのこと。二人は塹壕に3時間隠れ、それから森を5時間さまよって通りに出たところでロシア軍の捕虜になったという。
ヒュイン氏によるとウクライナ軍内部では汚職が多発しており、装備も脆弱で、訓練もままならない状況とのこと。
ポーランド首脳、ウクライナへの武器供与加速をNATO加盟国に要求 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
ポーランド首相、ウクライナへの兵器供与加速をNATO加盟国に要求
先に英紙テレグラフは、ウクライナ東部で戦闘行為に関わっていた米国の傭兵2人が先週、ハリキウ(ハリコフ)近郊でロシア側の捕虜になったと報じていた。報道によると、捕虜になったのはアレクサンダー・ドリュケさん(39)とエンディ・ヒュインさん(27)で、いずれもウクライナ軍側で戦闘行為に関わっていたという。ホワイトハウスはそのほか、3人目の捕虜に関する情報も受け取っている。
関連ニュース
ウクライナ軍、重兵器の5割を失う=ウクライナ軍将軍
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала