ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナへの兵器供与、ドンバス地域を取り戻す機会を与える=NATO事務総長

© AP Photo / Lefteris PitarakisNATOのストルテンベルク事務総長
NATOのストルテンベルク事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、最新兵器の供給はウクライナ軍にドンバス地域を取り戻す機会を与える可能性があると述べた。一方、紛争が「何年も」長引く可能性は否定しなかった。
ストルテンベルグ氏は、独紙ビルト・アム・ゾンタークに対し「さらに多くの最新兵器を用いることで、ウクライナはドンバス領からロシア軍を『追い出す』ことができる可能性が高まる」と述べた
ストルテンベルグ氏は、NATOはウクライナに派兵しないと改めて強調した上で、「NATOはウクライナの自衛を引き続き支援するが、紛争には加担しない」と語った。
米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国防総省 ウクライナに多連装ロケット砲4基の追加派遣を検討=ポリティコ紙
また、ストルテンベルグ氏は、NATOは「ロシアの核戦力の準備レベルが上がったとは見ていない」と再び指摘した。
ストルテンベルグ氏によれば、ウクライナ紛争がいつまで続くかは「誰にもわからない」が、「何年も続く」可能性があることを覚悟する必要がある。
先に、ロシア外務省のセルゲイ・ラブロフ外相は、ウクライナに対する支援物資はいずれもロシア側にとって正当な攻撃目標になると牽制していた。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官も同じくコメントを発表し、ウクライナに西側から兵器を供与することは停戦交渉の助けとはならず、否定的な効果をもたらすに過ぎないと評価していた。
関連ニュース
英ジョンソン首相、長期戦を懸念 ウクライナへの兵器供給と穀物輸出を呼びかけ
ロシア軍とウクライナ軍の火力差は15倍、アジアやアフリカは「抵抗の停止」を提案=宇外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала