Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナ感染症、オミクロン株の長期化リスクは低い=ランセット

© Depositphotos / Emvat Mosakovskisコロナ感染症、オミクロン株の長期化リスクは低い=ランセット
コロナ感染症、オミクロン株の長期化リスクは低い=ランセット - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
キングス・カレッジ・ロンドンの研究チームは、コロナ感染症の長期化について、オミクロン株が長期化をもたらす確率はデルタ株よりも低いことを確認した。研究結果は学術誌「ランセット」に発表されている。
オミクロン株の感染がCOVID-19の疾病長期化につながるケースは全体の4.4%で、一方のデルタ株では10.8%であることがわかった。
全体としてコロナ感染症の症状長期化は、オミクロン株に感染した場合、デルタ株の感染ケースを20-50%下回るという。
新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
新型コロナウイルス
オミクロン株は新型コロナ後遺症を引き起こす可能性が低い
研究チームは、コロナ感染症長期化の定義を、発症後4週間以上経って症状が発現することとしている。症状には倦怠感、息切れ、集中力喪失、関節痛などがある。
関連ニュース
感染拡大からニューヨークで新型コロナ警告レベルが引き上げ
新型コロナは2型糖尿病の発症リスクを高める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала