イタリア、ロシア産ガス供給の禁止に対する準備ができていない=Eni

© Flickr / Elliott Brownイタリア、ロシア産ガス供給の禁止に対する準備ができていない=Eni
イタリア、ロシア産ガス供給の禁止に対する準備ができていない=Eni - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
イタリアの主要な石油・ガス企業であるEniの責任者であるクラウディオ・デスカルジ氏は、イタリアがロシア産のガス供給を直ちに禁止する準備ができていないと表明した。
デスカルジ氏は「もしロシアの供給を今やめたら、我々は準備ができていない。2022~23年秋冬に準備ができるだろう。過去4〜5か月間に準備してきた契約を締結する必要がある」と述べた。
デスカルジ氏はは、イタリアのガス貯蔵施設は現在54%が満杯であり、10月までに70~80%に達する必要があると付け加えた。彼によると、倍増したアルジェリアからの供給はこれに貢献するだろう。
同氏は、最悪のシナリオでは、イタリア当局が他の国からのガスの供給を促進する必要があると述べ、「おそらくいくつかの制限があるだろうが、いずれにせよ、我々は冬を過ごすことを可能にする方法がある」と語った。
欧州でガス不足、冬の備蓄に手を出す=米報道 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
欧州でガス不足、冬の備蓄に手を出す=米報道
これより前、アレクサンドル・ノヴァク副首相は、ペテルブルク国際経済フォーラムのフィールドで記者団に対し、ガスプロムの欧州の顧客の大部分がルーブル決済に移行しており、供給量のおよそ90~95%分がルーブルで購入されていることを明らかにしていた。
プーチン大統領は3月23日、ロシアは非友好国へのガス供給の決済をルーブル建てに移行すると宣言し、EUや米国へロシア産の商品を輸出しても相手国の通貨で支払われるのであれば意味をなさないと明言した。一方でプーチン大統領は、ロシアはガス供給契約に明記された量と価格はそのまま維持するが、それはロシアが自国の評判を大事にしているからだと説明している。
関連ニュース
ドイツ、ノルドストリームの技術的問題を排除する=独首相
燃料危機とガス価格高騰でロシアに対する西側の統一戦線は崩壊しつつある=WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала