試合時間を最適化する必要がある=FIFA会長

FIFA  - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティーノ会長は、サッカーの試合時間について、前後半の平均時間はそれぞれ46〜48分となっており、ほとんどの試合が既定の合計90分を超えているのは受け入れがたいとし、試合時間を短縮し、きっちり時間で終わらせるルールを導入する可能性を確認した。Calciomercatoが報じた。
インファンティーノ会長によると、FIFAは国際サッカー評議会(IFAB)と合同で、試合時間を最適化する方法を模索している。

「試合時間をめぐる解決策を見つける必要がある。私は(合計)90分であるはずの試合が、実際には(前後半)46分、47分、または48分続くのは、受け入れがたいと考えている。我われは今後、いくつかの提案を行い、それらは検討され、テストされる」

サッカーW杯にコスタリカが出場へ 日本代表とは第2戦で対戦 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
サッカーW杯にコスタリカが出場へ 日本代表とは第2戦で対戦
FIFAは、例えば、アイスホッケーやバスケットボールのように、試合をきっちり時間で終わらせるルールをサッカーでも導入することは十分に正当化されると考えている。例えば、ボールがラインから出たときや、プレーヤーが怪我をして試合が止まったとき、または審判がイエローカードを出したり、選手と話をするときなどは時計を止めて、アディショナルタイムなどを取らずに、きっちり時間で終わらせるというもの。
関連ニュース
FIFA、ロシアを除名せず
ロナウド家の悲劇:多くのサッカークラブや選手が同氏に哀悼の意を表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала