日銀総裁「急な円安進行、好ましくない」 首相との会談で

© AFP 2022 / Kazuhiro Nogi日本銀行 黒田東彦総裁
日本銀行 黒田東彦総裁 - Sputnik 日本, 1920, 20.06.2022
日銀の黒田東彦総裁は20日、首相官邸で岸田文雄首相と会談し、現状の経済情勢について意見交換を行った。その中で、急激な円安について「好ましくない」とした上で「今後も為替市場の動向を注視し政府と連携して適切に対応したい」との意向を示した。NHKが報じた。
黒田総裁は岸田首相との会談後、記者団に対し「円安の進行については、企業の経営計画に対して色々な不確実性をもたらし、好ましくないと伝えた」と語った
一方、岸田首相は黒田総裁との会談について「現状の経済情勢についての意見交換が基本だった」と説明。為替については「急激な円安は憂慮すべきことだという話があった」と述べた。
日銀 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
日本 1ドル=135円台 松野官房長官 金融政策は日銀に委ねるべき
日銀は17日に開いた金融政策決定会合で、コロナ禍から回復途上の日本経済を下支えする必要があるとして、大規模な金融緩和の維持を決めた。インフレ抑制のため、金融引き締めに動く欧米諸国とは対照的な立場をとっているとして、当面は円安が進む可能性があるという見方も出ているという。
関連ニュース
ルーブルのさらなる強化は西側の経済的損失につながる=ナショナル・インタレスト誌
急速な円安 世界の投資家は円の投げ売り、香港のアマチュア投資家は円購入
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала