日本 同性婚を認めないのは違憲ではない 集団訴訟2件目の判決

© wikipedia.org同性婚
同性婚 - Sputnik 日本, 1920, 20.06.2022
日本では20日、同性同士の結婚が認められないのは憲法に違反するとして、同性カップルが集団で国を訴えていた訴訟で、2件目の判決が大阪地方裁判所で言い渡された。同地裁の土井文美裁判長は、憲法に違反しないと判断し原告の訴えを退けた。毎日新聞が報じている。
これまでに、複数の同性カップルが東京や北海道、福岡など5地裁で同様の訴訟を起こしていた。2021年3月に1件目の判決を言い渡した札幌地裁は、憲法に違反すると判断しており、2件目となる大阪地方裁判所の判決内容が注目されていた。
大阪地裁で訴訟を起こしたのは、関西、四国、東海地方在住の3組6人の同性カップル。国に対し計600万円の賠償を求めていた。訴状によると、この3組は2019年に婚姻届を提出しようとしたが、受理されなかったために提訴したという。
3組は、婚姻の自由を保障する憲法24条は同性婚を禁じておらず、同性どうしの結婚は成立すると主張。国側は、憲法24条は両性の合意のみで婚姻が成立するという趣旨のもので、同性間の結婚を想定していないと指摘し、原告の3組が求めていた賠償請求も退けた。
関連ニュース
チリ政府、同性婚を合法化
東京都、同性パートナーシップ制度導入の方針 来年度から
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала