日本 能登地方の地震 今後数か月続く可能性がある=地震調査委員会

© Depositphotos / Shamtor日本 能登地方の地震 今後数か月続く可能性がある=地震調査委員会
日本 能登地方の地震 今後数か月続く可能性がある=地震調査委員会 - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
日本政府の地震調査委員会は20日、石川県の能登地方で19日に最大震度6弱の地震が起きたことを受けて臨時会合を開き、一連の地震活動は今後数か月続く可能性があるとの見解を示した。日本のマスコミが報じた。
NHKによると、委員会は、観測データなどを分析した結果、「19日の地震は2018年から続く一連の状況の一つ」と評価し、「一連の活動は当分続くと考えられ、強い揺れに注意すべきだ」との見解を示した。
地震調査委員会の委員長を務める平田直名氏は「地震の起き方をみていると、すぐ終わるような兆候はなく、数か月は続くとみられる」と述べ、「再び強い揺れがくる可能性に十分注意し、家具をきちんと固定するなどの対策をしてほしい」と呼びかけた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала