Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナ患者の顔面の「ムコール症」除去手術 ロシアで成功

© Fotolia / Petar Neychevシリア、イラクの「ダーイシュ(IS)」は臓器売買に着手、露外務省
シリア、イラクの「ダーイシュ(IS)」は臓器売買に着手、露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
露ニージニィー・ノヴゴロド州で、コロナウイルス感染者の顔にできた真菌感染症「ムコール症」を除去する手術が行われた。同州の臨床病院が発表した。
ムコール症、別称「黒カビ病」は真菌の感染によって起こる合併症。周囲の環境にある真菌の胞子に触れたり、切り傷や引っかき傷、火傷を通して真菌が皮膚に潜入した後に発症することがある。糖尿病患者やコロナウイルスなど、病後に免疫力が低下した人がかかると危険性が高い。
COVID-19重症化で認知症を発症 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
IT・科学
COVID-19重症化で認知症を発症
軟組織や骨の壊死や化膿性炎症、視神経の完全萎縮、真菌による生成物の組織に有毒に作用することで視力低下などが指摘されている。
ニージニィー・ノブゴロド州臨床病院のニコライ・ミロノフ医長は、「当院の専門医は、新型コロナウイルス感染症COVID-19の合併症であるムコール症の顔面・眼球・鼻の軟組織・骨病変に対する手術を初めて執刀した。患者は今のところ順調だ」との声明を発表した。
関連記事
肌に黒い斑点 珍しい血液ガンに罹患の印
手足の発疹は「オミクロン株」に特徴的な症状
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала