カンボジアで世界最大の淡水魚が捕獲

© AFP 2022 / Wonders of the Mekong巨大エイ
巨大エイ - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
カンボジアのメコン川で、重さ300kgの巨大エイを漁師が捕獲した。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。
米国のメコン川保護プロジェクトの責任者である生物学者のゼブ・ホーガン氏は、「6大陸の川や湖で巨大魚を20年間研究してきたが、これは世界の情報源で私たちが目撃、または記録された中で最大の淡水魚だ」と語った。
捕獲されたのは、巨大な淡水アカエイ「Urogymnuspolylepis」。
クメール語では、このエイの名前は「満月」を意味する。これまでは、タイ・メコン川で2005年に見つかった293キロのナマズが世界最大の淡水魚だった。
ホワイトドラゴン - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
ベトナムで世界で最も長いガラスの橋が完成、ギネス認定
世界記録の樹立に科学的な意味はないが、ホーガン博士は、この魚の存在は生態系が健全であることの指標となると語った。同博士はまた、この発見によって地元の人々がこの川の素晴らしさに気付くことを期待し、この川に住む生物を保護する必要があると強調した。
巨大エイには水中聴音器が取り付けられ、その後、リリースされた。今後、研究者らは川に設置された36の水中装置を使いエイの行動を追跡する。
関連ニュース
日本の研究者ら 古代の魚に四肢動物との共通点を確認
愛知でちりめんパックにフグが混入 スーパーが自主回収へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала