新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本・総務省 太陽フレアの被害想定まとめる スマホ・テレビも使用不可に

© NASA/SDO太陽フレア
太陽フレア - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
日本の総務省の有識者会議は21日、太陽表面の爆発現象「太陽フレア」などの影響に関する報告書をまとめた。最悪の場合、2週間にわたり携帯電話やテレビなどが使えなくなる可能性もあるという。同省が報告書を公式サイトで公表した。
太陽フレアは太陽の表面で観測される爆発現象で、小規模なものは1日3回ほど起きている。大規模なものの場合、爆発に伴い放出されるX線などが地球に達し通信障害や停電が起こることが懸念されている。太陽フレアの活動は約11年周期で増減し、直近では2025年ごろに活発になると予測されている。
報告書によると、太陽フレアなどの極端な宇宙気象現象によって、通信や航空無線、人工衛星など社会インフラが麻痺する可能性が指摘されている。
太陽フレア、2016年9月6日 - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
IT・科学
2万年分の電力を供給できるほどの太陽フレア NASAがその出現に関する理論を発表
100年に1度の大規模な太陽フレアが起きた場合、携帯電話の通信やテレビが2週間にわたり使用できなくなる可能性があるほか、一部で停電が起きたり、無線への影響により航空機や船舶が運航見合わせになったりする恐れがあるという。
このため、有識者会議は宇宙空間を含む観測拠点を拡大し、「宇宙天気予報」の強化を進めるとしている。また、インフラに対するリスクをふまえた警報システムの構築も検討している。
関連ニュース
ハッブル望遠鏡 何千個もの様々な形の銀河を映像を観測
火星探査機 火星の岩の間で銀色に輝く物体を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала