フィンランドが9月までにNATOに加盟できる可能性は低い=フィンランド大統領

© AFP 2022 / Cole Burstonフィンランドのニーニスト大統領
フィンランドのニーニスト大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
フィンランドのニーニスト大統領は21日、同国の首都ヘルシンキで行われたメツォラ欧州議会議長との共同記者会見で、フィンランドが9月までに北大西洋条約機構(NATO)に加盟できる可能性は低いとの見方を示し、交渉が続けられていると指摘した。

「実際のところ、会合(6月20日にNATO本部でフィンランド、トルコ、スウェーデンの3か国によって行われた)では、特に進展はなかった、議論が始まったことには満足している。正確な時期については述べたくないが、9月までにそれができる可能性は低い」

ニーニスト氏はまた、会合の機会そのものが、すでに大きな進展だと述べた。
ベルギーの首都ブリュッセルにあるNATO本部で20日、3か国の代表者らが「フィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請の検討において進展することを目的に、トルコが提起した安全保障上の問題」について話し合った。
フィンランドとスウェーデンは5月18日にNATOへの加盟を申請したが、トルコがその検討を阻止している。トルコはフィンランドとスウェーデンについて、トルコがテロ組織とみなすクルド人組織を支援しているなどとして非難している。
関連ニュース
トルコ政府、マドリードでのNATO会議が北欧2国の加盟期限になるとは考えていない
トルコはNATO内のすべての提案に賛成することはできない=エルドアン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала