新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

大気汚染地域に住む幼い子ども 肺機能が低下=研究

© AP Photo / Sam McNeil大気汚染
大気汚染 - Sputnik 日本, 1920, 23.06.2022
大気汚染地域に住む幼い子どもたちの肺機能が低下していることが、スウェーデンの研究で明らかになった。この研究をまとめた論文が医学雑誌「Acta Paediatrica」に掲載されている。
カロリンスカ研究所(スウェーデン)の研究者らは今回、ストックホルム在住の生後6カ月前後の乳児177人の肺機能を分析した。また、研究者らは、乳児が生まれてからこの研究に参加するまでの大気中のPM2.5(大気中に浮遊する直径2.5マイクロメートル以下の粒子)、PM10(直径10マイクロメートル以下の粒子)、二酸化窒素の濃度を算出した。
これらの濃度は、研究に参加した乳児の居住エリアによって異なるが、大気汚染により強くさらされた子どもは、これら3つの汚染物質(PM2.5、PM10、二酸化窒素)によって気道径や肺活量など肺機能が低下していることが分かった。
熱帯地方の都市 大気汚染で10万人以上が命を落としている - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
IT・科学
熱帯地方の都市 大気汚染で10万人以上が命を落としている
この研究では、PM10が1立方メートルあたり5.3マイクログラム増加すると、乳児の強制肺活量が10ミリリットル減少していたという。
研究者らは、ストックホルムの大気汚染レベルは国際的な基準からすると比較的低く、このレベルでも乳児の肺機能に悪影響があることは憂慮すべきことだと指摘している。この研究結果は、都市部での大気汚染削減のためにさらなる対策が必要であることを示している。
関連ニュース
Google、Amazon、Ikea、Appleは、温室効果ガス排出量削減に取り組んでいるふりをしているだけ
英国で大気汚染に対し追加料金 2月28日から徴収
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала