ミス・ブラジル2018の女性が扁桃腺の手術後に死亡

© Fotolia / Archimedeミス・ブラジル2018の女性が扁桃腺の手術後に死亡
ミス・ブラジル2018の女性が扁桃腺の手術後に死亡 - Sputnik 日本, 1920, 23.06.2022
2018年のミス・ブラジル・コンテストで優勝したグレイシー・コッレイヤさん(27)は扁桃腺の手術後に容態が悪化して死亡した。現地メディアG1が報じた。
報道によると、コッレイヤさんは出血に伴う心肺停止、及び脳内の酸素不足により死亡したという。
コッレイヤさんは2ヵ月前に扁桃腺の手術を受けており、手術から5日後に大量出血により心肺停止に陥り、病院へ救急搬送された。懸命な医療措置が講じられたものの、コッレイヤさんはそのまま帰らぬ人になったという。遺族は医療ミスがあったとして、訴える姿勢を示している。
関連ニュース
アフガニスタンの地震、犠牲者が1100人超に拡大
スペインで1979年以来、初のコレラの感染例が確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала