イタリア・サンタ=マリア大聖堂、展望台で観光客が急死

© AP Photo / Luca Brunoサンタ=マリア大聖堂
サンタ=マリア大聖堂 - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
イタリア・フィレンツェで22日、観光名所・サンタ=マリア大聖堂の展望台で米国からの男性観光客(67)が体調不良で急死した。伊紙「la Nazione」が伝えている。
サンタ=マリア大聖堂はイタリア・フィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会。高さ約90メートルの高さにある展望台は観光客にも開放されている。展望台へは464段の階段を徒歩で上がらなくてはならないという。
「la Nazione」によると、男性は展望台で体調が悪くなり、救急隊が駆けつけて男性を地上に降ろしたが、その時にはすでに亡くなっていたという。
イタリア・首都ローマのスペイン階段 - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2022
「ローマの休日」の階段 、観光客が電動キックボードで破損 被害額350万円
サンタ=マリア大聖堂は、職員が応急処置の教習などを受けて万が一の事態に備えているとしているものの、同聖堂と隣接する「ジョットの鐘楼」の参拝客に対し体調不良時や循環器系の持病がある場合は十分に注意するよう呼び掛けていた。
イタリア中部の世界遺産「ピサの斜塔」でも2018年、展望台への階段を上っていた日本人観光客の男性(当時63)が死亡していた。
関連ニュース
領土の4分の1は砂漠化の危機に瀕している=イタリア農業生産者協会
アルプス山麓、過去70年で最悪の水不足の危機に=イタリア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала