トヨタ初の電気自動車、タイヤ脱輪の恐れでリコール

© Wikipedia / Mario Roberto Duran Ortizリコールの対象となったトヨタ「bZ4X」
リコールの対象となったトヨタ「bZ4X」 - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
日本の自動車大手「トヨタ」と「スバル」は23日、新型の電気自動車計204台のリコールを日本の国土交通省に届け出たと発表した。最悪の場合タイヤが脱輪する恐れがあるといい、使用停止を呼びかけている。
国土交通省によると、今回リコールの対象となったのはトヨタの「bZ4X」とトヨタとスバルが共同開発した「ソルテラ」の計204台。タイヤを取り付けるハブボルトが急旋回や急ブレーキの繰返しなどで緩む可能性があり、最悪の場合、タイヤが脱落する恐れがあるとしている。
現時点で不具合や事故は報告されていないが、修理が完了するまでは使用停止を呼びかけている。
関連ニュース
トヨタの社長報酬、歴代最高の6.8億円超 取締役は9億
トヨタ 日本国内7か所工場のラインを一時稼働停止へ 部品調達不足が原因
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала