日本の消費者物価、2か月連続で2%超える

© Sputnik / デニス・コルジョフ日本の消費者物価、2か月連続で2%超える
日本の消費者物価、2か月連続で2%超える - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
日本の総務省が24日に発表した5月の全国消費者物価指数は、変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.6となり前年同月比で2.1%上昇した。NHKが報じた。
上昇率は4月と同じ。前年を上回るのは9か月連続で、日本政府と日銀が目標としてきた2%を超えるのは2か月連続。原油価格の高止まりが主な要因となった。
前年同月比で電気代は18.6%、ガソリン代は13.1%それぞれ上昇。エネルギー価格全体では17.1%と大きな上げ幅を記録。また、急速に進む円安で、輸入原材料を多く使う食品が大きく影響を受け、「食用油」が36.2%、「ハンバーグ」が9.5%それぞれ上昇した。
日銀の黒田東彦総裁 - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
黒田日銀総裁の「値上げ許容度」発言に野党、日本国民から痛烈な批判
総務省は「食品など生活必需品の値上がりが目立つ構図は変わっていない」とするも、「食品メーカーの中には企業努力で吸収しきれず、先々値上げを計画しているところもあるため、今後の動向を注意深く見ていきたい」としている。
関連ニュース
日本 うどんの聖地・香川 小麦粉高騰で値上げに悲鳴=NHK
バイデン氏、米国での記録的なインフレを「プーチンの値上げ」と関連付ける
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала