ウクライナのEU加盟は困難も欧州への別の道が存在=エコノミスト

© Sputnik / Alexey Vitvitsky / フォトバンクに移行EUとウクライナの旗
EUとウクライナの旗 - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
欧州連合(EU)の各国指導者の多くは、近い将来、ウクライナがこの組織に加盟することは困難であると考えているが、欧州社会の一部になることを希望するウクライナ政府の熱意を無視することもできない。英誌『エコノミスト』が報じた。政治学者のハンス・クリベ氏とルーク・ヴァン・ミデラー氏は、この問題を解決するある方法について記事の中で紹介している。
記事によれば、ゼレンスキー大統領は、彼らの組織拡大が地政学的な意味を持つということを欧州の人々に思い起こさせるという点では、正しいという。冷戦終結後の欧州の安定への懸念が、約20年前のポーランドやハンガリー、その他のワルシャワ条約機構の加盟国がEUへ加盟した主な理由だった。ウクライナの大統領いわく、今日、欧州のために戦っているウクライナは、欧州の一部となり、欧州からの支援を受けることを望んでいる。
EUのミシェル大統領 - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
EU首脳陣、ウクライナ・モルドバを加盟候補国として承認
ウクライナを欧州の構造に組み込むことは戦略的観点からは非常に重要だが、EUに受け入れるべきではないとする戦略的理由も同様に存在する。記事の著者らは、EU加盟国は武力攻撃の際、「利用可能なすべての手段」を用いて互いに助け合う条約上の義務を負っているが、このような連帯の形では核保有国を抑止できないと指摘する。抑止力を持つNATOには加盟せず、ウクライナが現段階でEUに加盟するとなれば、将来、ロシアとEUの間で戦争が勃発するリスクが大きく高まることになり、こうした事態の進展をEUは避けようとしている。
記事では、いずれにしてもゼレンスキー大統領をはねつけることはできない強調する。ウクライナと他のバルカン半島および黒海諸国を欧州に縛り付ける必要があることは明らかだ。しかし、NATOもEUもそのようなロープになることはできない。こうした理由から、この間にフランスのマクロン大統領が提案した欧州政治共同体の創設が最も現実的といえる。フランスのカレー港とウクライナを結ぶ長い高速道路にちなんで「E40」と呼ぶことが提案されている欧州諸国の新しい連盟は、G20のような国際的な国家間の組織でありながら、EUの構造の枠外に存在する必要がある。E40連盟は、エネルギー供給や国境紛争、サイバー攻撃などの分野で、加盟国に安全保障を提供することになる。E40は独自の「欧州安全保障会議」を創設することができ、欧州安全保障協力機構(OSCE)とは異なり、ロシアや多数の非欧州諸国は加わらないが、しかし、英国は含まれる可能性がある。
ウクライナのEU加盟は数多くの問題を生む=ブルームバーグ - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
ウクライナのEU加盟は数多くの問題を生む=ブルームバーグ
EU自体はE40のメンバーにはならないが、その議長はG7およびG20サミットへの参加同様、連盟の首脳サミットに参加することができる。同じことがNATO事務局長にも当てはまり、同事務局長は米国とそのハードパワーとの重要なつながりを保障する。記事によれば、E40はウクライナに前進のチャンスを与えることができ、ウクライナ人は、独立した主権国家の市民として、欧州世界やその文明、価値観、志向に属するという政治的シグナルを受け取ることになる。
通信社スプートニクは以前、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とドイツのオラフ・ショルツ首相、イタリアのマリオ・ドラギ首相が、ウクライナ政府への支持を表明するためにキーウ(キエフ)を訪問したと報じている。
関連ニュース
欧州委員会、ウクライナにEU加盟候補国の地位付与を勧告
日本、ウクライナに650億円の追加借款
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала