テスラの「オートパイロット」の事故件数が明らかに

© 写真 : Tesla, Inc.テスラの「オートパイロット」の事故件数が明らかに
テスラの「オートパイロット」の事故件数が明らかに - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
米ワシントン・ポスト紙Washington Postは、2021年7月以降に、米電気自動車大手テスラ社の運転支援機能「オートパイロット」付きの自動車に絡んだ事故の件数は273件だったと報じた。
また米道路安全協会のデータによれば、このうちの5件は死亡事故であった。
オートパイロットは、速度や車間距離を調整し、車線内でハンドル操作をアシストし、また自動的に車線変更を行うという機能である。
テスラにはオートパイロットよりさらに広い機能を持つより高度な「フル・セルフ・ドライビング(完全自動運転)」という運転支援サービスもある。
この「フル・セルフ・ドライビング」は、信号や標識を検出するたびに減速、停止し、また右左折もできるものである。
テスラの自動操縦でドライバーは注意散漫に マサチューセッツ工科大学の研究 - Sputnik 日本, 1920, 27.09.2021
テスラの自動操縦でドライバーは注意散漫に マサチューセッツ工科大学の研究
専門家らは、最近、こうした新たな交通技術の安全性について懸念を表している。特に危険性が指摘されているのがテスラのオートパイロットを使用した自動車である。規制当局のデータによれば、テスラの自動車は衝突事故の1秒ほど前に切れていることが分かった。
これにより、事故が発生したときに、製造会社は、オートパイロットの機能が事故に関与していなかったと主張することができるのである。
一方、テスラ指導部は、オートパイロットは通常の運転よりも安全であると主張している。米国の道路上で、交通事故により毎年、多数の死亡者が出ていることに目を向ければ、これは明白である。
2021年の死亡者の数は4万2915人であった。
トヨタが発表したドリフト走行の機能を備えた自動運転を披露したというニュースは「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。この機能は事故を回避するために制御されたスキットに移行することができるようになっている。
関連ニュース
バイドゥのロボットカーが2023年に登場
テスラ、レーザー・ワイパーを発明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала