リモートワークで置忘れ・紛失が多数 調査回答者の半数以上が経験

© Fotolia / Loftflowリモートワーク
リモートワーク - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
紛失防止デバイスを提供するMAMORIO社が行ったインターネット調査によると、リモートワーク中に出先などで物の置忘れや紛失を経験した人が回答者の52.2%にのぼった。また、7.4%は紛失物が見つからず、13%は会社に連絡していない。産経新聞が報じた。
同社はリモートワーク経験者(20代~60代)を対象にインターネットで調査を実施し、182人から回答を得た。調査担当者は、リモートワークでは事務所のように物の置き場が決まっていないため、紛失する可能性が高いのではないかと指摘する。紛失経験者からは、USBをカフェに忘れたが、機密情報ではなかったので会社に報告しなかったことや、会社のノートパソコンを持ち帰ったが備え付けのUSBを紛失し大問題になったことなどが語られた。
中国 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
中国当局、2021年に60万人以上を処分
また、MAMORIO社の紛失防止デバイスのサービス利用データによれば、まん延防止等重点措置が適用されていた今年1~3月に比べ、4~6月はスマートフォンへのアラートが約1.4倍に増加しているという。専門家は、外食の機会が増え、気持ちが緩んだのではないかと推測している。
通信社スプートニクはこの間、兵庫県尼崎市で全市民46万人超の個人データが入ったUSBメモリーを委託業が紛失し、その後、発見されたニュースについて紹介している。
関連ニュース
リモートワークで私生活重視の傾向が加速 パソナ総合研究所調査
イーロン・マスク氏 リモートワーク続行のテスラ社員に「解雇もありうる」と警告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала