ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露ラブロフ外相「ウクライナに武器を供給すればするほど、紛争は長期化」

© Sputnik / フォトバンクに移行ロシアのラブロフ外相
ロシアのラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2022
ロシアのラブロフ外相は28日、欧米など西側諸国のウクライナへの軍事支援について、「武器を供給すればするほど、紛争は長期化する」と述べた。同日、ウクライナへの軍事的支援の継続を表明した主要7か国(G7)に対するけん制とみられる。

西側諸国の方針は全く非建設的で有害なものだ。ウクライナに武器を供給すればするほど、紛争は長くなる。

ラブロフ外相は記者団に対しこのように述べ、ウクライナへの兵器供給を強める欧米の動きをけん制した。
フランスのエマニュエル・マクロン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナで「ロシアは勝つことはできず、勝つことがあってはならない」=マクロン大統領
また、NATO(北大西洋条約機構)が28~30日に行う加盟国首脳会談でロシアを「平和と安定の脅威」と位置付けるとの見方に対しては、「ロシアはNATO首脳会談のずっと前からNATOに敵とされてきた」と述べ、新たな位置づけの変化によって米国やNATOの活動が変わるわけではないとの認識を示した。
このほか、NATOが東欧諸国で兵力人員を最大20万人に増大させる計画については、「これまでの合意をないがしろにするもので、NATOがロシアの国境まで近づこうとする受け入れがたい方針の延長だ」と批判した。
BRICSに加盟を申請したアルゼンチンイランについては、「両国とも候補としてふさわしい」と述べ、今後5国による合意によって加盟プロセスが進んでいくとの見解を示した。
関連ニュース
G7サミット ウクライナの2022年度財政支援額を公表
米国、ウクライナへの中長距離ミサイル防衛システム供給計画を近く発表か=CNN
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала