「よく考えてみてください」 日米の債務は全世界のGDPの半分に接近 ロシア安全保障会議

© Sputnik / Grigory Sysoev / フォトバンクに移行アレクサンドル・ヴェネディクトフ氏
アレクサンドル・ヴェネディクトフ氏 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
日米両国の債務は、現在、世界全体のGDPの半分に近づいている。通信社スプートニクのインタビューに、ロシア連邦安全保障理事会のアレクサンドル・ヴェネディクトフ書記補佐官が語った。
「よく考えてみてください。 全世界の総GDPは80~90兆ドルです。現在の米国の債務は30兆を超えており、日毎ではなく、時間毎に増加しています。私たちが5分話をしている間に、約300万ドル増加するのです」
ヴェネディクトフ氏は、日本政府の債務は10兆に近づいており、これは国内総生産の2.5倍以上であると指摘する。
スーパー - Sputnik 日本, 1920, 20.06.2022
日本 スーパーの食品価格高騰、食用油は1年で1.5倍=POSデータ分析
「西側のたった2カ国だけで、国家債務は世界全体のGDPの半分に急速に近づいています」
世界を代表する経済大国でありながら、なぜこのようなことが起こるのか、という質問に対して、同氏は、金融の知識がある専門家であれば誰でも答えられると語った。
「もし、既存の融資の問題を解決しようとして、さらに融資を組んでいる人がいるとしたら、その人は不相応な人間か、そもそも借金を返すつもりのない詐欺師であると言えるでしょう。それは国家でも同じです」
関連ニュース
日銀 黒田総裁会見「金融緩和を粘り強く続ける」
ロシアの外貨建て国債デフォルト報道 一体何を意味するのか
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала