電力ひっ迫の中、姉崎火力発電所が前倒しで稼働開始

CC BY-SA 3.0 / Ketsudan / 東京電力姉崎火力発電所姉崎火力発電所
姉崎火力発電所 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
発電会社JERAは30日、千葉県の姉崎火力発電所5号機の稼働を当初より1日早めたと発表した。東電管内で電力需給ひっ迫注意報が発令されたことが背景としてある。読売新聞が報じた。
姉崎発電所の稼働により、電力供給の余力を示す「予備率」が1%程度改善される予定だったが、石炭を使用する福島県の勿来火力発電所でトラブルが発生したため、厳しい状態が続く見通しだ。
インド、ロシア産石炭を人民元で決済 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
インド、ロシア産石炭を人民元で決済
経済産業省は30日の東電管内の予備率が5%を下回ると見越し、需給が特に厳しくなる午後3時から6時にかけて、可能な限りの節電を呼び掛けている。ネット上では、節電が本当に必要なら無駄につけているテレビを消すよう報道するなども必要ではなどのコメントが寄せられている。
これに先立ち、通信社スプートニクは、勿来火力発電所が30日午前3時ごろ、設備のトラブルで運転を停止し、夕方までに半分の出力で運転再開を目指すと報じている。
関連ニュース
日本 「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令 関東地方で厳しい暑さ
日本の関東地方、記録的暑さ 磯崎官房副長官 警報引上げは「経産省と連携して判断」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала