米国の極超音速ミサイル 飛行テストが失敗=ブルームバーグ

CC BY-SA 2.0 / Arlington County / ペンタゴン
ペンタゴン - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
米国で行われた極超音速ミサイルの新たなプロトタイプの飛行テストは、発射の際に発生した問題により失敗に終わった。ブルームバーグが6月30日、米国防総省の声明を引用して報じている。
同省の報道官であるティム・ゴーマン海軍中佐によると、飛行テストは6月29日にハワイで行われたが、詳しいことは明らかにしなかった。一方、ゴーマン氏は、国防総省は予定された期間内に「攻撃的および防御的な極超音速装置を配備」できると強調し、何が原因で失敗したのかを専門家が調べて正確に判断すると述べた。
最新鋭大陸弾道ミサイル「サルマト」は50年間運用可能=露戦略ロケット軍副司令官 - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
最新鋭大陸弾道ミサイル「サルマト」は50年間運用可能=露戦略ロケット軍副司令官
ブルームバーグによると、核を搭載しないCPS(通常兵器による迅速な攻撃)の飛行テストを行った。米国は、このミサイルを最新のステルス駆逐艦であるズムウォルト型駆逐艦(DDG-1000)やバージニア級原子力潜水艦に搭載する計画を立てている。報道によると、1回目のテストが2021年10月に行われたがミサイルを発射できず、2回目となる6月29日のテストでも失敗したという。
関連ニュース
米国、3月に超音速ミサイル実験を密かに実施=マスコミ
中国、超音速対艦ミサイルYJ-21を披露
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала