2022年の暗号資産の下落は、北朝鮮の軍事資金調達に損失を与えた

© Sputnik / Maria Frolova / フォトバンクに移行2022年の暗号資産の下落は、北朝鮮の軍事資金調達に損失を与えた
2022年の暗号資産の下落は、北朝鮮の軍事資金調達に損失を与えた - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
暗号資産(仮想通貨)の冬(クリプトウィンター)は、北朝鮮の兵器プログラムの資金調達にとって脅威となっている。サイバー攻撃で不正取得した北朝鮮のデジタル資産の価格は、2022年の初めから60%以上下落した。これは北朝鮮のデジタル資産の蓄えに大きな損失を与えた。ロイター通信が消息筋を引用して報じた。
分析会社チェイナリシス(Chainalysis)によると、北朝鮮が管理するウォレットに保管されている暗号資産の価格は、2022年の初めから61%下落して1億7000万ドルから6500万ドルまで値下がりした。ここには北朝鮮のハッカーが2017年から2021年にかけて盗み出した資金が含まれているという。
ハッカー - Sputnik 日本, 1920, 15.01.2022
北朝鮮のハッカー 2021年に450億円相当の仮想通貨を盗む
TRM Labsのアナリストによると、2021年に盗んだ資金が保管されている暗号資産ウォレットだけでも、過去数週間でその価値の85%が失われ、現在の価値は1000万ドル未満とみられている。
イーサリアム - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
暗号通貨イーサリアムの元開発者 北朝鮮への支援で禁固刑
北朝鮮は、ハッカー集団「ラザルス」などに資金提供しているが、暗号資産の価格下落は、それを行う北朝鮮体制の能力にも影響を与える可能性がある。ロイターによると、「ラザルス」は、暗号資産史上最大となる6億2500万ドルが盗まれたローニン・ブリッジ(Ronin Bridge)のハッキング事件に関与していた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала