日本・山梨県警 3年前に山中で行方不明の女児の捜索を終了

© Wikipedia / Kaidog山梨県警本部が入居する庁舎
山梨県警本部が入居する庁舎 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
3年前、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明となり、死亡したと判断された小倉美咲さん=当時(7)について、山梨県警は1日、山中での遺留品などの捜索を終了すると発表した。今後、新たな発見や情報があれば捜索を再開する方針だという。日本の各メディアが伝えている。
美咲さんは2019年9月、家族と一緒に訪れていたキャンプ場で行方不明になった。2022年4月下旬、山中で人骨などが見つかり、県警による鑑定の結果、美咲さんのものだと特定されていた。
産経新聞などによると、県警は4月下旬以降、66日にわたって2150人を投入し山中を捜索。だが、6月10日以降、新たな骨や遺留品の発見に至らず、想定した捜索範囲内の土砂や落ち葉のほとんどを調べたため、一連の捜索に区切りをつけたという。
美咲さんの死因や足取りは明らかになっておらず、事故か事件かの特定には至っていない。県警は今後も遺留品などの鑑定を進め、両面での捜査を進めるとしている。
関連ニュース
山梨・道志村で発見の腕と脚の骨 小倉美咲さんのものと断定
山梨県道志村 女児行方不明の現場近くから服と人骨がさらに発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала