日本政府が7年ぶりに全国で節電要請、9月末まで無理のない節電

© AFP 2022 / Lukas Barth日本政府が7年ぶりに全国で節電要請、9月末まで無理のない節電
日本政府が7年ぶりに全国で節電要請、9月末まで無理のない節電 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
日本政府は東京電力の管内に出していた「電力需給ひっ迫注意報」を30日で解除したものの、夏の電力需給は引き続き厳しい状況が続くとして、7年ぶりに全国で節電要請を行った。NHKが報じた。
日本では1日も各地で猛烈な暑さが続いている。東京電力管内の電力の供給力に対する需要の割合を示す「使用率」は、午前10時半から午前11時までの実績で94%となっている。安定供給に最低限必要な3%を上回っているものの、厳しい状況が続くことから、政府は関係閣僚会議を開いて夏の需給ひっ迫対策として7年ぶりに全国で節電要請を行う方針を決めた。
ロシアが大統領令で「サハリン2」の事業会社を変更、事業への参加継続に関する決断を外国企業に要求 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
ロシアが大統領令で「サハリン2」の事業会社を変更、事業への参加継続に関する決断を外国企業に要求
要請の期間は7月1日から9月末まで。冷房などを適切に使用しながら、不要な照明を消すなど、無理のない範囲で節電への協力を呼びかけている。
関連ニュース
日本 東京電力管内の「電力需要ひっ迫注意報」を解除
電力ひっ迫の中、姉崎火力発電所が前倒しで稼働開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала