ロシアで裁判所が猫を「逮捕」、その理由は?

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行クリル・アイランド・ボブテイル
クリル・アイランド・ボブテイル - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
ロシア・シベリアのクラスノヤルスクで、裁判所が猫を「逮捕」する珍しい事案があった。この猫はクリル諸島(日本名:千島列島)が原産のクリル・アイランド・ボブテイルで、「ロシアのバットマン」の異名を持つという。
飼い主の女性よるとは引っ越しをした際に行方不明になり、その後別の場所で見つかり保護施設に送られていた。女性は猫を引き取ろうとしたが、施設側は譲り渡しを拒否したという。
チンパンジー - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2022
IT・科学
森のチンパンジーが「井戸を掘る」能力を習得=研究
そこで女性は、施設が私有財産であるこの猫を不法に所持しているとして、施設から猫を没収し返還するように求める民事訴訟を起こした。また、この訴訟の間に感染症などにかかる可能性があるとして、「責任のある保管措置」を取ること、つまり猫を「逮捕」して女性に引き渡すことを要求した。
裁判所はこの要求を認め、猫は女性に引き渡されたという。裁判が決着するまではひとまず猫は飼い主のもとで暮らせることとなる。
関連ニュース
世紀のにらみ合い? コヨーテとクマの邂逅
動物保護団体の女性 猫35匹と散歩 米
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала