中国情報収集艦、北海道・東北沖を往復=産経新聞

© Wikipedia / 日本防衛省·統合幕僚監部東調級情報収集艦(2016年)
東調級情報収集艦(2016年) - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
中国海軍の情報収集艦1隻が北海道・東北沖を往復する動きをみせていたことが明らかになった。2日、産経新聞が伝えている。自衛隊や米軍の動きを監視した可能性があるという。
産経新聞によると、今回北海道と東北沖を往復したのは、中国海軍の東調(ドンディアオ)級の情報収集艦。6月13日に対馬海峡を東に向けて通過し、16日には日本海から津軽海峡を太平洋側に向けて抜けた。その後、東北沖方面に南下した後、反転し北海道南部沖を航行。その後はまた伊豆諸島周辺まで南下したという。
ロシア海軍の艦艇(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
露海軍の艦艇3隻 与那国島と西表島の間を通過 日本・防衛省
これとは別に、ロシア海軍のバルザム級情報収集艦1隻も、5~6月にかけて同様の動きをみせており、日本の防衛省は警戒を強めているという。岸防衛大臣は「短期間に同様の航路で日本を周回する形で航行するのは、両国の軍事プレゼンスの誇示だ。懸念を持って注視する」と述べ、警戒と監視を強めていく姿勢を示している。
関連ニュース
海上自衛隊の練習艦「かしま」がロンドンに寄港
日本の海上自衛隊、米豪海軍と太平洋で共同演習 空母も参加
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала