IOC、ロシア除外を継続=IOC会長

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行IOCのバッハ会長
IOCのバッハ会長 - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、IOCはロシアとベラルーシに対する制裁について、現在の立場を維持する意向であると明らかにした。
2月末、IOCは国際的な競技連盟に対し、ウクライナ情勢を理由として、ロシアとベラルーシの選手を大会に参加させないよう勧告した。これを受け、一部の国際連盟はロシアとベラルーシの選手を、連盟が主催する大会から除外することを決め、また一部の連盟は個人参加のみ認めるとした。
国際オリンピック委員会(IOC) - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2022
IOC、トランスジェンダー選手の競技参加について 各競技連盟による独自の判断を認める
フランスのメディア「ウエスト・フランス」によれば、バッハ会長は、「我々は、ロシアとベラルーシの選手を国際的な競技大会には招待しないという勧告を含め、非常に明確な立場を今まで通り維持している。現在、まだこの勧告を撤回する時期ではない」と述べた。
6月にバッハ氏は、「世界のスポーツ界は連帯と共通のルールの尊重を支持している」と述べた上で、「制裁を解除すべき時期はまだ来ていない」と主張した。
関連ニュース
国際スケート連盟がロシア選手を除外 メドベージェワ「奇跡は起きなかった」
バッハ会長 「IOCとロシア政府の関係は大きく損なわれた」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала