ガス不足の独エネルギー大手 ドイツ政府に1兆円超の金融支援を要請

© AP Photo / Martin Meissnerユニパ―社
ユニパ―社 - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
独エネルギー大手でロシア産ガスの最大輸入業者の1つのユニパー社とドイツ政権は現在、ロシアのガス供給の制限に関係し、90億ユーロ(1兆2600億円)規模の金融支援についての交渉を行っている。
ユニパー社の損失額は、2月のウクライナにおけるロシアの特殊軍事作戦の後、ロシアのエネルギー供給への依存を縮小するという独政権の決定の影響を被り、増え続けている。損失額は現時点で試算で毎日、3000万ユーロ(42兆円以上)。これはガス不足とロシア産ガスの供給がない分、他のより高額な代用品で補填を強いられているため。
ユニパー社の株価は28%下落し、時価総額は40億ユーロ(5603億円)に達した。
アナリストの多くは、ドイツ政権はコロナ禍の際にルフトハンザの株式の20%を購入したのと同じモデルに基づいて、ユニパーにも支援を行うと確信している。
関連記事
ロシア産ガスの禁輸は、欧州経済を破壊する=ハンガリー首相
「グリーン」政策の終焉? ガス不足で独が石炭の火力発電を再稼働へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала