サル痘ウイルス、予想以上の速さで変異 研究結果

© Sputnik / フォトバンクに移行マイクロスコープ
マイクロスコープ - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
サル痘ウイルスは、研究者が考えていたよりも12倍速く変異するおそれある。ポルトガルの国立衛生研究所のリカルド・ホルヘ博士の専門家グループがこうした兆候を明らかにした。
研究者らの調査では、ウイルスが予想よりも6〜12倍速い速度で変異したという。 研究者たちは、突然変異が思いがけず早くなったのは、ウイルスが人々に感染するための新しい手段を見出した兆候である可能性があると予想する。
サル痘は通常、密接な接触や体液、または空気中の飛沫を介して人から人へと感染する。
WHOのデータによると、2022年1月1日から6月22日まで間に、50カ国で3413件の感染が確認されている。
また、欧州では、サル痘の感染者数は2週間で3倍になっている。
関連記事
サル痘感染の米男性 メキシコの病院から脱走して帰国
ロンドン下水からポリオウイルスが検出 英国当局が非常事態を発令
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала