IMFトップ、2023年に世界経済が後退する可能性を指摘

© Sputnik / Natalia SeliverstovaIMFトップ、2023年に世界経済が後退する可能性を指摘
IMFトップ、2023年に世界経済が後退する可能性を指摘 - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2022
IMF(国際通貨基金)のクリスタリナ・ゲオルギエバ専務理事はロイター通信の取材に応じた中で、2023年に世界経済が後退する可能性は排除できないと表明した。
ゲオルギエバ専務理事は「状況を更新するに従い、パースペクティブは著しく悪化した」と取材の中で発言した。
専務理事が指摘したグローバル経済の問題として、 インフレーションの拡大、中国における経済成長の低下、対ロシア制裁の影響を指摘した。
IMFによると、世界経済が後退するリスクは増加し、その可能性は否定できないと言う。2022年は厳しい状況が続き、2023年には景気後退のリスクが高まっているとのこと。
関連記事
米国経済は減速するものの、景気後退は回避される=IMF予測
世界経済は今、第二次世界大戦後最大の試練を迎えている=IMF
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала