新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

世界初の砂電池が実用化 エネルギーを数ヶ月間蓄えることができる

© 写真 : Freepik/Mdjaff世界初の砂電池が実用化 エネルギーを数ヶ月間蓄えることができる
世界初の砂電池が実用化 エネルギーを数ヶ月間蓄えることができる - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
フィンランドの研究者は、エネルギーを数か月間蓄えることができる世界初の「砂電池」を実用化した。開発者は、これによって365日途切れない供給というグリーンエネルギーの主な問題を解決できると考えている。BBCが報じた。
気候変動と化石燃料の価格高騰により、新たな再生可能エネルギー源生産への投資が急増している。しかし、太陽が照っていない、または風が吹いていないときに途切れることのない供給を維持するにはどうすればいいのだろうか?
トマト - Sputnik 日本, 1920, 23.06.2022
IT・科学
気候変動はトマトの収穫に強い打撃を与える
その解決策が、ネットワークがより環境に優しいものになるにつれてその中でエネルギーを蓄え、需要を調整できる大型電池だ。この解決策は、フィンランドのPolar Night Energy社の研究者たちによって発見された。背の高い貯蔵タンクの中に建設用の砂が100トン入っている。電池は、特殊な導体に電流を流して熱エネルギーを発生させることで動作する仕組み。この場合、空気が加熱され、それが熱交換器のチャネルを通って砂に送られる。砂の高融点が利点となっており、そのおかげで砂電池はエネルギー貯蔵の大きなポテンシャルを秘めている。また、このようなエネルギー源は、リチウムやコバルトを使った電池よりも安価だ。
今日、Polar Night Energy社が開発した砂電池は、地域の暖房システムにエネルギーを供給している。開発者たちは、熱交換器が発生させる熱風は、水の加熱にも使用できると考えている。
関連ニュース
ガス不足の独エネルギー大手 ドイツ政府に1兆円超の金融支援を要請
技術の記録的な飛躍 サムスンが世界初となる3ナノメートルチップの生産開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала