- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

安倍元首相への銃撃事件 ロシアの専門家「見過ごすことはできない」

© AFP 2022 / Philip Fong安倍元首相
安倍元首相 - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
日本研究者でロシアの国際通信社「ロシア・セヴォードニャ(ロシアの今日)のワシリー・プシュコフ国際協力局長は、日本の安倍晋三元首相に対する襲撃を信じることができず、日露関係に傷跡を残すことになると語った。
同専門家は、「世界のどの国でも、今日、奈良県で起こった事件は、通常では考えられないこと」と強調、このような出来事が日本で起こるとは、単純に信じられないと述べた。

「ロシアにとってもこの事件を見過ごすことはできない。安倍元首相は、ロシアとの関係で現実的なアプローチを提唱した人物といえる。日本が二国間関係を無意味にエスカレートさせることにならないように、あらゆる手段を講じようとした」

2012年12月に首相に選出されて以降、安倍元首相はロシア大統領と27回会合をもち、日露関係の発展のために多くのことを行ってきた。2018年11月、シンガポールで行われた会談でプーチン大統領と安倍元首相は、平和条約交渉の推進で合意したが、締結には至っていない。
日本の安倍晋三元首相が8日、死去した。67歳だった。安倍元首相は奈良県内で演説中に銃撃され、心肺停止の状態と報じられていた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала