新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本の研究者が解明 妊娠中のコーヒー摂取が幼児の発達に影響

コーヒー - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
日本の北海道大学および旭川医科大学、日本赤十字北海道看護大学の研究者グループは、妊娠中に大量のコーヒーを摂取すると、幼児の発達遅滞のリスクが高まることを明らかにした。研究結果が学術誌『Early Human Development』に掲載された。
研究者らは、8万7106人の母親のカフェイン摂取量と生後6カ月と12カ月の乳児の運動能力に関するデータを比較した。
コーヒー - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2022
IT・科学
コーヒーが高齢者の健康に与える思いがけない影響
第1に、妊娠中のコーヒーへの依存は、生後12カ月までに幼児がハイハイして移動する能力に影響する。
研究によると、毎日300 ミリグラム以上のカフェインを摂取した母親の子どもは、生後6カ月の時点では大きな問題はなかったが、12カ月に達した後、運動能力の遅滞のリスクが1.11倍増加した。
専門家らは、妊娠中の女性は、カフェインの摂取を可能な限り制限するよう呼びかけている。
関連ニュース
寿命を30%のばすためのコーヒーの正しい飲みかた
豪州 テスラ車で太陽光発電 ロイター
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала